熊本地震、次々誘発か 大分へ震源移動

14日夜に熊本県益城町で震度7を観測したマグニチュード(M)6・5に続き、
16日未明に起きたM7・3の「本震」が発生。

熊本県阿蘇地方や大分県でも地震が起きている。
いったい何が起きているのか。
56363092_480x480.jpeg56363092_480x480.jpeg

最初に起きた大きな地震を「本震」と言っている
本震が起きる前に、震源となる場所の付近ではその
前触れとも言える地震が起きることが多くある。

その地震が「前震(ぜんしん)」と呼ばれている。

前震は本震の直前から数日前に起きることが多い。
地震が起きたとき、それが前震であるかどうか
判断することは現状では難しいのだが・・・

本震の前に発生し、本震よりも規模が小さいなどの条件を
満たすものが前震と位置づけられている。

本震の後に、その周辺でより小さい地震「余震」が多数発生する。
これまで発生した地震の記録から、余震の規模は本震に比べて
M1程度よりも小さいことが多いが、熊本地震はどうか?


2011年3月の東日本大震災(M9・0)では、
2日前にM7・3の地震があり、後に前震と判断されたのだが・・・

地震のメカニズムは実に不可解なことが多いのでは!


 14日夜に熊本県益城町で震度7を観測。
マグニチュード(M)6・5に続き、16日未明に起きたM7・3の
熊本県阿蘇地方や大分県でも地震が起きている。
いったい何が起きているのか。

日本における地震の構造など・・・

最初に起きた大きな地震を「本震」という。
本震が起きる前に、
震源となる場所の付近で前触れとも言える地震が起きることがあって
その地震が「前震(ぜんしん)」と呼ばれている。

前震は本震の直前から数日前に起きることが多いが
その地震が起きたとき、前震であるか
どうかを判断することは現状では難しいようだが・・・

本震の前に近くで発生し、本震よりも規模が小さいなどの
条件を満たすものを前震といっている。

本震の後に、その周辺でより小さい地震「余震」が多数発生する。
余震の規模は本震に比べてM1程度よりも小さいのだが
今回の熊本地震は、大きい地震も発生していた。
通常、余震は減っていくが・・・

いったいどうなっているんだ?

2011年3月の東日本大震災(M9・0)では、
2日前にM7・3の地震があり、後に前震と判断された。

今回の熊本地震は前震は無かったのか・・・

小さな地震の発生は大きな地震の予兆なのかも???

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック